・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●ドクダミの花

ドクダミの花


008.JPG


ドクダミの花が満開です

独特の香りとあまりの繁殖力に好き嫌いが分かれる植物ですね
私も匂いはあまり好きではないのですが
ドクダミの真っ白の花が咲いたときの濃い緑と白のコントラストが好きで
場所を決めて群生させています


一般的にドクダミは林などの湿った半日陰地に自生していますので
日陰の方が栽培に適しているように説明されていますが
我が家の庭では日陰はもちろんカンカン照り晴れの場所でも
同じようにすごい繁殖力を発揮しています


画像のドクダミはごく一般的なもの
ちなみに花は真ん中の黄色い部分
4枚の白い花びらに見えるところは“総苞=つぼみを包んでいた葉”なんですって


ドクダミにも園芸用に品種改良されたものも含めて
いろいろな種類のものがあるようです

*八重咲きドクダミ
*赤い斑入りゴシキドクダミ 
 欧米では"カメレオン"の名前で人気がでたそうです

などなど・・・・


ドクダミは突然変異でちょっと違う形の花を咲かせたりすることがあるようです
クローバーの中に四葉のクローバーがあるような感じでしょうか


たくさんのドクダミの中にハッピー揺れるハートドクダミはないか
一度探してみることにしましょうるんるん




posted by ピオニー at 00:43 | Comment(0) | ドクダミ

●ドクダミの花とドクダミの除草

ドクダミの花とドクダミの除草


ドクダミという植物はその剛健さと並外れた繁殖力
そしてその匂いのせいであまり好かれる植物ではありません


でもドクダミの真っ白の花が咲いたときの可愛らしさといったら揺れるハート
まー見てみてください

006 (3).JPG


秘密の花園への入り口みたいでしょ?
ドクダミは群生するとロマンティックなガーデン作りに
一役かってくれる植物です


でも先ほどもお話した通り、その繁殖力はすごいです
一度繁殖し始めると地下でどんどん根を伸ばし
爆発的に増えますので

もしも群生させる場合はそれなりの広さで

他の植物を植えていないところを選びましょう


他の植物と共存させるということは難しいと思います


それか植木鉢栽培
これなら何の手入れもするうことなく
植木鉢の中でこんもりと育ってくれるのでGOOD手(チョキ)


もしもあなたが今、手をつけられないくらいに
他の植物の領域を侵し始めているドクダミに困っている場合


1一度その範囲のすべての植木や植物を掘り起こされることをおすすめします
何度も言いますがドクダミは地下で茎を伸ばして繁殖していきます
ちょっとくらいの根っことともに葉や茎を引っこ抜いたとしてもなんの解決にもなりません
またその根っこは他の植木や植物の根っこにもからみついています
からみついた根っこもとらなければ残った茎の部分から
新たに繁殖が始まります


2除草剤のお世話になる
ただしどんっ(衝撃)かなりの注意が必要です
他の植物も一緒に枯らしてしまう可能性があるからです
私が使っている除草剤は除草剤ラウンドアップ
です



25倍に薄めて散布するとスギナを根から枯らすという最強アイテム

私はこれを直接ドクダミの葉に塗ります
専用の筆を用意します
使い古しの絵筆や書道の筆でOK
それに液をつけてドクダミの葉にぬります
1・2週間で根っこからドクダミをやっつけてくれます
どんっ(衝撃)くれぐれもラウンドアップの液が他の植物にかからないように注意してくださいね
posted by ピオニー at 13:25 | Comment(0) | ドクダミ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。