・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

樹齢30年のしだれ桜が枯れました

去年の夏、我が家のシンボルツリーだったしだれ桜が枯れました。

異変に気付いた時には時すでに遅く、もうあれよあれよという間に枯れてしまいました。

おそらく根に菌がついて枯れる病気だと思います。
調べましたが菌の名前を忘れてしまいました。

我が家にきて15年、それまではひろーーい畑でのびのびと育っていたようです。
大きすぎて買い手がなくて、春にはその畑でお花見をしたという話を植え木の職人さんから聞いていました。
そのときですでに樹齢10年以上はたっていましたので30年近く育ってきた桜でした。

うちに来なかったらこんなことになっていなかったのにと思うとなんとも言葉にできない気持ちでおります。

今我が家の庭は荒れ放題になってしまっております。
先日からまた庭も私も元気を取り戻すべく色々庭仕事をしております。


世話をしないとあっという間に荒れるものですね。

隣接の竹藪からは忍び寄るように竹が家に近づいてきています。
芝生は雑草まみれでどうやって回復しようかと立ちすくしてしまいます。


また一からの気持ちで庭の有り方を考えたいと思っています。
タグ: 庭造り
posted by ピオニー at 22:51 | しだれ桜

●桜咲く♪我が家のしだれ桜

●桜咲く♪我が家のしだれ桜

P1010090.JPG


おとといはベルリンの桜が満開のお話でしたが
我が家の桜も可愛らしく開花しました♪

メインの庭の中央に位置するところにある

我が家のシンボルツリーしだれ桜

家人には「シダレーちゃん」と呼ばれています

さてしだれ桜のシダレーちゃん
広大な桃畑の中ですくすくと育つこと30年
兼業で庭師さんもされているこの桃農家のご主人のところに
我が家の庭にいれる植木を選びにいったうちのパパさんに一目ぼれされ
ウチにやってきたのが10年ほど前

いやーやってきたときには驚きました
大きいのなんのって
今ではお隣の平屋のおうちの高さを超えました

庭師さんも当初は心配していました
こんな大きくなって移植して大丈夫だろうか?
枯れてしまわないだろうか?って

初めの2・3年は花つきがよくありませんでしたが
その後はだんだん元気を取り戻し
天から降り注ぐように可愛らしい花をつけてくれるようになりました

今年も可愛らしい花がポッと咲きました

ありがとう黒ハート

シダレーちゃん


きれいだよねー

posted by ピオニー at 19:38 | Comment(0) | しだれ桜

●桜満開!ベルリンのお話です




ドイツのベルリンではもう桜が満開なんですってよ♪

桜というと日本人としては日本の花のイメージがあって
海外で桜が満開なんて言われてもピンとこないことないですか?


ところがどっこい
おしゃれな町の風景にもあっていてシュッとした感じがするの
(関西以外の方、シュッとしたってわかる?)

以前、ヨーロッパのガーデナーの方が話してるのを聞いたことがあるんだけど
桜の下草にハボタンを敷き詰めて植えるんですって!
結構ポピュラーな組み合わせなんだそうです

ハボタン

ハボタンってどんな植物?っていう方のために・・・
お正月の頃に寄せ植えなんかでよく使われるキャベツみたいな植物
よくわかるでしょ?この説明


調べてみると
なーんだ、ハボタンの原産国ってヨーロッパの南西部なのね
ちなみに桜は・・・北半球の温帯地域
広っexclamation×2


桜は世界のあちらこちらで人々の目を楽しませてくれているんですね

気候や文化が違うんだから
咲く時期やお花同士の組み合わせも違って当たり前


他の国ではどんな楽しみ方をしているんでしょう?


それにしても日本のお花見の習慣、なんとかならないものかしら?
ブルーシートとゴミ箱からあふれたゴミの山


私は今年も誰も見にこない山の中の桜にお目にかかりにいくことにします
posted by ピオニー at 23:22 | Comment(0) | しだれ桜
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。