・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●牡丹 開花

昨日、牡丹が開花しました。
まずは画像でご報告。

ボタン


三日ほど前までは蕾もまだかたい状態でしたがこのところのポカポカ陽気で昨日一気に開花。


朝から「這えば立て、立てば歩めの親心」で、今か今かと気にかけて見ていました。
午前中にピンク色が蕾からこぼれるように蕾が緩み始め、お昼過ぎには全開に。


さすが百花の王の貫禄です。
華やかでおしとやかで・・・。
太陽の光が透ける軽やかなピンク色の重なりが大変美しいです。


手前の蕾はシャクヤク。
ここは美人な花を集めた美人花コーナーなのです。

《立てばシャクヤク、座れば牡丹、歩く姿はゆりの花》
で有名な三大美人花。
シャクヤクはすーっと長く伸びた茎の先に花がつくので立ち姿にたとえられるようなのですが、我が家の牡丹とシャクヤクは姿がそっくで、開花の時期の違いでのみでしか違いがわかりません。


いずれにしてもここは美人の花コーナーで凝り性の私としてはここにユリも咲かせたい気持ちになるのですが、家族に「やり過ー!」ととめられております。
何事も程々がよろしいということでしょうか?


牡丹は奈良時代に日本にやってきたようで、宮中の女性の皆様の間では着物の柄に取り入れて美しさを競ったのだとか。
また詠まれた歌も数知れず。
それぞれの時代で人々を魅了してきたのですね。


魅了されるのは人間様だけではございません。
どうです? 花粉に集まるコガネムシの集団は。
さぞかし蜜も魅惑の香りと味がするのでしょう。


この時期、毛虫・虫の類はすべて排除したい気になるのですがコガネムシだけは別です。
それはこの歌のせい・・・
「コガネムシーはー金持ちだー。金蔵建ーてた蔵建てたカラオケ

そうです。
コガネムシに出会うと金持ちになれるかも。ラッキーグッド(上向き矢印)
みたいな、まさに四葉のクローバーを見つけた時のような気持ちになるのは私だけでしょうか? 
posted by ピオニー at 18:33 | Comment(0) | ボタンとシャクヤク
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。