・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ケヤキの木 大木の手入れ

1月にはいってから寒い日が続いていました。
今日は3月中旬の暖かさとのこと。
少し暖かくなると庭に出たくなりますね。


久しぶりに庭を歩いてみるとケヤキの木に枯れ枝がひっかかり、折れた長い枝が大木のまわりに散乱していました。

131104.JPG


落ちている枝の中には4mくらいの長さのものもあり、誰もけがをしなくてよかったとほっとしました。

131105.JPG


折れた部分を見てみると中が空洞になっています。
カミキリムシの幼虫にやられたようです。

131106.JPG

樹木類が多い庭ですべての樹木を完全に管理するのは難しいです。
ここ数年カミキリムシの被害が多くなっています。
今年はスミチオン乳剤の散布を徹底したいと思っています。

このケヤキは株立ちで植えたものでいずれも2階建ての家を軽く超える高さまで成長しています。
本当は大きくなり過ぎた株を根元から切って新たに株を育てる「株の更新」をすればよかったのですが長い間そのよな知識もなく今に至ってしまいました。


ケヤキの剪定は落葉期の今の時期にするのがいいので次のお天気のときに枯れ枝を取り除き、カミキリムシの被害の様子も詳しく見てみたいと思います。


ケヤキは20m〜30mまで大きくなります。
剪定したり、株立ちのものを植える場合は株の更新ができないようでしたらお庭に植えるのはさけたほうがよいかと思います。


あとは落葉時の落ち葉の量は毎日はいてもはいてもかなりの量になります。
お隣との境界線に近いところに植えるのは避けたほうがよろしいかと思います。


でも新芽の季節の鮮やかな葉色は我が家の樹木の中でも一番美しいと感じます。
お手入れも落ち葉の掃除も大変ですがこの季節の美しさを知ってしまったらなんということはございません。


ご参考になりましたかしら?







posted by ピオニー at 22:34 | ケヤキ

THE落葉樹 けやき

131091.JPG

我が家の株立ちのケヤキです。

植えてから15年くらいになります。
大きくなるとは思っていましたがこんなに成長するとはがく〜(落胆した顔)

ケヤキは春夏秋冬姿を変え庭にその季節ならではの風景をもたらしてくれます。

春にはいっせいに芽吹き、光を通して見る葉色は気持ちを新たにしてくれます。

夏には庭に大きな日陰を作ってくれます。

秋の風にはさわさわと音をたててしなり、

晩秋から冬にかけては天から降るように葉を落としていきます。

落葉樹は掃除が大変。
そうおっしゃる方もいらっしゃいますがそれも自然の風景と思うといとおしく感じます。
しばらくは枯葉のじゅうたんを楽しむつもりでおります。


落葉樹を植えるときにはお隣との境界から離して植えることをおすすめします。
落葉時にお隣に枯葉が落ちて問題にあることもあるようです。









posted by ピオニー at 16:49 | ケヤキ

紅葉したケヤキの大木を見上げて

546.JPG

ケヤキが鮮やかな黄色に輝いています。

株立ちのケヤキを植えてから15年。
2階建ての家を軽く超す高さにまで成長しています。

紅葉したケヤキの大木に太陽の光が当たる様子は神々しいほどの美しさがあります。
黄色というよりも黄金に輝くようなという表現がぴったりです。

紅葉した葉が天から降ってくるように落葉しています。

落ち葉も自然の恵み。
ケヤキの根元のクリスマスローズは落ち葉のおかげで冬を超し、人が何の世話をすることもなく毎年元気に株を増やし花を咲かせます。

また落ち葉は土づくりには欠かせない素材のひとつです。
冬の間に落葉した葉を集め、牛糞とともに土に漉き込んで春の庭作業のために準備をしています。

庭仕事をしていると自然の中から教えられることがたくさんあります。
すべてのものに適材適所がありうまくまわっているということは常に感じることです。

そしてもうひとつ。
環境がよければむやみに肥料を与えなくても元気よく機嫌よくそだってくれるということ。

やいのやいの言ってもダメなのですよね。
子育てとよく似ています。
家を整え、おいしいご飯を用意する。
これが大切。

今日の晩ごはん、何にしようかしら?

庭づくりのはげみになります。
ポチッと応援いただけるとうれしいです。


タグ:紅葉 ケヤキ
posted by ピオニー at 18:22 | ケヤキ

けやきの新芽

この季節、木々から芽吹く新芽を愛でるのも楽しみの一つです。
太陽の光が透けて見えるような黄緑色の新芽を見ると
 「あー、春がきたんだなー。」
と実感がわいてくるのです。
 
新芽をキラキラさせながらさわさわと音をたててゆれる様子は本当に素敵です。

けやき新芽

近頃はガーデニンググッズやファッションも様々なものが出回っていますがこれからの季節こだわりたいのは帽子。
日焼け防止&お洗濯OK&おしゃれ・・・とすべてを満たしてくれるものって案外少ないのです。
私が去年日焼け防止に力を入れて購入したのは顔のほとんどを覆える、ちょうどフルメットの前半分だけみたいな被り物。
 これが近所の皆さんに「ダースベーダーかー!?」と大笑いされ、それからは人の目にふれない所での草引きなどに使っておりますバッド(下向き矢印)
 今年は名誉挽回。
 もう自分で作っちゃおう!と図書館で帽子作りの本を借りてきました。ちょっと無謀・・・ふらふら
 心配ご無用、頭の中にはそれはもう素敵なデザインが出来上がっております。
 後は作るだけ!・・・ん?
タグ:ケヤキ 新芽
posted by ピオニー at 03:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ケヤキ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。