・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

レンガで花壇を作る B土を入れる

前回は溝を掘って1段目のレンガを立てていく作業をご紹介いたしました。
2段目のレンガは1段目にのせていくだけです。
1段目はレンガの半分が土に埋まっている状態です。
これで完成!

542.JPG

はい!これで本当に完成ですわーい(嬉しい顔)
花壇が全部見えるようなものではなく、ある程度高さはあるんだけれども、石やレンガといった素材は植物が覆いかぶさってところどころ見えるだけというような花壇にしたかったのです。

植物が茂って、苔むして・・・・・今後が楽しみです。


レンガは割としっかりとまってくれています。
土に埋まっている部分はレンガの両側に砕石をいれています。
砕石は土を掘った際にでてきたもので適材適所といったところでしょうか。

342.JPG


花壇に土をいれていきます。
枯葉や牛糞など混ぜて土づくりをしています。
その土をふるいにかけながら花壇にいれていきました。
大小のふるいは土づくりには欠かせません。

534.JPG343.JPG


1段目と2段目の隙間は花壇にいれた土が自然に埋めていってくれています。
雨が降り、風が吹き、だんだんレンガとレンガの隙間に土が入り込んできています。

植物を植えるための囲いということでしたらこれで十分です。


自然の成長が楽しみです。


posted by ピオニー at 13:25 | 花壇づくり

レンガで花壇を作る A1段目を溝に埋めながら並べる

331.JPG

掘った溝にこんなふうに斜めにレンガを立てていきます。
ただ並べるだけなのです。

ただ並べるだけなのにとっても大変なのです。
何が大変って、溝を掘るのが本当に大変。

砕石が混ざった土地はは普通のスコップではささらないくらいに固いの。
粘土のような土と混ざって押し固められています。

虫歯のイラストでムシバイキンが手に持っているような先のとがった大きな道具(名前が思い出せないあせあせ(飛び散る汗))で掘り起こしています。


土壌さえよければ夢の庭にサクサク近づけるのに~ もうやだ〜(悲しい顔)といつも思います。


それでもようやくここまできました!
1段目がほぼ完成です。
うれしくて試しに2段目を積んでみたところもあります

341.JPG

レンガを立てる際に若干内側(土を入れる側)に傾けるのがコツです。
土をいれた際に安定しますからね。
石積みの棚田もそうなっているんですよ。
モルタルなどで固めないで花壇づくりをしたいので棚田づくりの知恵を拝借しております


1段目をならべている途中で何年か前に花壇づくりにチャレンジした跡が出てきました。
右からは今並べているレンガが、左側には石を積んで並べていますでしょ?
336.JPG

以前土の中から出てきた大き目の石を積もうを思い立ったのですが積むには小さすぎて断念しました。
こういうことがあるから完成したときの喜びもひとしおなのです。


ああでもない、こうでもないと悪戦苦闘しているときが一番楽しい時間なのかもしれません。


庭造りの励みになります。
ポチッと応援いただけるとうれしいです揺れるハート
タグ:レンガ DIY 花壇
posted by ピオニー at 11:39 | 花壇づくり

レンガで花壇を作る @溝を掘る

011.JPG

花壇づくりの計画が一気に進みそうです!
ずーーーーーーーーっとここに花壇を作りたいと思っていました。

いくら考えてもできないときはできない。
でも波がきて、波にうまくのれると一気に進むときがあります。

仕事でもプライベートでも。
最近そういうことを実感することが続いています。

先日ご近所のUさんのお宅からたくさんレンガをいただきました。
一輪車で10往復くらいして、レンガを運びました。015.JPG

有り難いことですね。
Uさんのお宅で花壇を撤去するために不要になったレンガです。

このレンガで少し高さのある花壇を作ろうと思います。
コンクリートで固めずにただ積むだけの方法にしようと思います。
もしかしたら将来またお庭の配置を変えたくなるかもしれないでしょ?
わたくしは家の中のインテリアのような感覚で動かしてしまいます。

まずは溝を掘ります。
砕石と粘土のがっちがちの土地で20cmの深さを掘るのも苦労いたします。
その溝に斜めにレンガを並べていきます。
若干内側(土が入る側)にたおすのがコツです。
332.JPG

土の中に埋まる部分、レンガの両サイドには溝を掘るときに出てきた砕石をいれました。
333.JPG


花壇を作ろうと思ったときにはレンガを平らに積んでモルタルで固めようと思っていました。
月日が流れる間に花壇のイメージが変わってきました。

すぐにもとの状態に戻せる花壇がいいなーと。
そこで参考にしたのが棚田を作る方法でした。
棚田はコンクリートで固めているわけではないのに水をため稲を育てることができます。

先人の知恵と工夫と努力の結晶です。


棚田には石積の棚田土で固めた棚田の2種類があります。

その方法を調べてみて、コンクリートで固めなくても大丈夫!と思ったわけです。


棚田づくりと全く同じ方法ではありませんがその知恵を少し拝借して、わたくしの花壇づくりをすすめたいと思います。


庭はげみになります。ポチッと応援いただけたらうれしいです揺れるハート




タグ:レンガ 花壇 DIY
posted by ピオニー at 10:48 | 花壇づくり

レンガをいただけるなんて!うれしいです♪

001.JPG


ご近所のお宅からレンガをいただけることになりました。
いるだけ全部持って行っていいよ~と言ってくださって本当にうれしいです。
一輪車に積んで何往復もさせていただきます。

何年も前から・・・
そう、もう5・6年も前から花壇を作りたい場所がありました。
石を買ってくるのは重いですし、お値段もいたしますし、なにかよい方法が降臨したときにと思っておりますうちにどんどん月日が流れておりました。

ご近所のお宅では今お庭のDIYリフォームをされていまして、今まであった花壇を取り壊しているところでした。
その花壇の素材が今回いただけることになったレンガなのです。

欠けたり、ひび割れたり、苔むしていたり、ところどころにコンクリートがついたままだったり、本当にこんなのでいいの?と気の毒がってくださいました。

その風化した感じがいいのよ~!

そう、私が欲しかったのはシャビーシック感のあるレンガ

花壇を作った瞬間からまるでそこにずっと前からあったかのような仕上がりになるでしょ?

本当にうれしいわ~
Uさん、ありがとうございます。
完成しましたらお庭のお茶会喫茶店を開きますからどうぞいらしてくださいませね。

Uさんも喜んでくださいました。
がれきを処分する際にコンクリートよりもレンガの方が費用がかかるのだとか。

処分するにもお金がかかるのですね。
勉強になります。

こんなふうに庭づくりを通して、友達の輪が広がっていくのはとてもうれしいです。
また庭の中にSTORYが増えていくのもうれしいです。
わたくしどもの庭にはうれしいSTORYがいっぱいです。

この花壇のレンガはね、Uさんのお宅からいただいたのよ揺れるハート

このツルニチニチソウはね、美容室の寄せ植えにあったのをカットしてもらって、増やしたものなのよ揺れるハート

このツワブキの子どもたちはね、近くのお寺の境内に植え替えて、またそこでも仲間が増えているのよ揺れるハート


心豊かにしてくれる庭にわたくしが育てられています。
お会いしたことのないお庭好きの皆様が集まっています。
  ↓ ↓ ↓


タグ:レンガ 花壇 DIY
posted by ピオニー at 01:18 | 花壇づくり
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。