・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どんな靴でも長靴のようになる撥水スプレー

庭仕事をされるときに靴は何をはいていますか。

庭仕事のレベルにもよりますが枯葉をはいたり、低木の剪定をする程度でしたら一般的なシューズで間に合います。


以前ホームセンターで普通の黒い長靴を買ったことがありました。
でも脱いだりはいたりが結構面倒ですぐに普通の運動靴に戻ってしまいました。

ただ布素材の靴は水に弱いことが難点です。
ちょっとホースで水をまくだけでも靴がびしょ濡れになってしまうことがたびたびありました。

今日ヒルナンデスというお昼のテレビ番組を見ておりましたらすごい撥水スプレーが紹介されていました。

100%撥水するというスプレーです。

2種類のスプレーを順番にスプレーして乾いたら撥水加工完了!という手軽さです。

「防水」程度のものを想像していたのですがテレビで流れた映像にびっくり。
ホースから水が流れ落ちる下には綿のデッキシューズ。
水ははじかれて全くぬれる気配がありません。

革靴もしかり。
水は水玉と化して流れ落ちていきます。

これならどんな靴でもガーデニングシューズに変身させることができます。

わたくしの見た衝撃的な撥水映像は
こちらのお店のホームページで見ることができます。
   >>>【限定セール中】【送料無料】☆新作入荷☆新品!【TVで紹介】【魔法】【驚き】【スプレー】【...

庭仕事の励みになります。
ポチッと応援いただけるとうれしいです。









枯葉の掃除機

我が家にはケヤキ・サスルベリ・モミジなどの落葉樹があります。

落葉の季節には庭一面が落ち葉の絨毯のようになります。
131092.JPG

この景色もすばらしいのですがずっとそのままにしておくわけにもいきません。

毎年落葉が終わった頃にすべての枯葉を集めて、土づくりをします。
自然はあますところなく、すべてまわっていることを実感します。

ただ枯葉を集める作業がとても大変なのです。
熊手で枯葉を集め、一抱えほどもある収納袋にいれて、土づくりの場所まで運びます。

これを何十回と繰り返します。
15年ほどずっとやっておりますがその日の夜から数日は全身筋肉痛です。

良い運動と言えば良い運動なのですが・・・・。


この枯葉の掃除機、いいと思いませんか?

枯葉を1/10に砕きながら吸い込んでくれます
吹き飛ばす機能もありますのでいったん吹き飛ばして、それを吸い取ることもできます。


庭作業は健康の元です!基本的に・・・あせあせ(飛び散る汗)







さっと巻ける温かい巻きスカート

関西ではめったに雪は積もりません。
ですから冬でも庭仕事ができます。

枯葉を集めたり、その枯葉で腐葉土を作ったりする作業は冬の間にすることが多いです。
冬でも草がはえますしねふらふら

庭で長い時間作業をしているとジーーーンと冷えてくるんですよね。

体全体を暖めるにはコツがあるようです。

首の後ろと腰の後ろを温めると体全体が暖かくなるいい気分(温泉)


これを知ってからホカロンを腰の後ろに貼るようにしました。
それでも足りないときは首の後ろにプラスします。
ポケットにホカロンをいれていたときに比べると、比べものにならないくらい温まります。

そして防寒対策にもう一つ、
さっと巻ける温かい巻きスカート、ご存じですか?

ガーデニング用の分厚いパンツもありますが結構かさばって動きにくかったりします。
この巻きスカートは短パンにスキニーとか、普段のデニムの上にさっと巻くだけ。

裏がひつじさんのようにもっこもこ!
それもそのはず、ウール100%なんですよ。

寒いときだにさっと巻くだけという手軽さがうれしいです
温かい部屋に入ったら、さっとはずせますしね。

グレートベージュの2色から選べます




冬の庭仕事は長靴の代わりにブーツでぽかぽか



一気に寒くなりましたね。
北海道や東北ではもう雪が降っているようです。

関西も雪が冬が降るほどではありませんがかなり気温が下がりました。


寒くなってからお庭で長靴をはくの、冷たくありません?
まずはいた瞬間にひやっとするでしょ?

私は毎年長靴の代わりにムートンブーツをはいています


画像は私が愛用しているムートンブーツの色違いです。
楽天のブーツランキングで1位を獲得している定番のムートンブーツなんですよ。

内側は底もサイドもすべてふわふわの全面ボアでぽかぽか。
そこまではよくあるタイプですよね。

私がガーデニング用にこのムートンブーツばかり買うのには理由があるのです。


さらに底には高反発クッションがはいっていて・・・・

シャベルを足の裏で踏み込むときに痛くないんです!


え?そこ?

これ、ガーデニングしている人じゃないとわからないですよね(笑)
逆に長靴の方がダイレクトに足の裏にひびいてきて痛いです。

もちろん普通にはいたときのクッション感はどこまでも歩ける感じがします。


シランの植え替えもしたいし、寒さなんかに負けていられませんよ〜。
来年の花の季節を思うと庭仕事をせずにはいられません。


ランキングに参加しています。
ポチっが庭作業のはげみになります。







お花がゆ〜らゆらゆれるソープディスペンサー



数か月間庭に出なかった間に庭がジャングルと化してしまいました。
どこから手をつけてよいものやら呆然としております。
この前は草むらと間違えてキジが庭を歩いておりました。
・・・・・ど・ど・どんな田舎だ!?


そんな状態ですが植物好きには変わりはありません。
お洋服でも雑貨物でも見ているとついお花をモチーフにしたものに目がいってしまいます。

液体石けんの詰め替え用ボトルが欲しくて探しておりましたところ素敵なソープディスペンサーに出会いました。

「アートフラワー」サニタリーシリーズ
持ち上げたりするとボトルの中で大きなお花がゆ〜らゆ〜ら揺れます。

透明のアクリルボトルの側面にパラフィンオイルという液体がはいっていて、その液体の中のお花がゆらゆら揺れる仕組みなのだそうです。

花柄とは違って、リアルなお花の感じが素敵でしょ?




つるで編んだお手製かごの鉢カバー

つるで編んだお手製かごの鉢カバー

P1010032.JPG


かごの虫干しです
ほとんどがおばあちゃんのお手製


ちょっと山に入ると何だか名前のわからないつるがいっぱいあります
つる取りの季節になると
お花屋さんの名前の入った車がやってきて
つるを取っていくようなところです


おしゃべりしながらあれよあれよというまに
かごができあがっていく様子は魔法みたいです


私もいくつか一緒につくりましたがかなり不細工たらーっ(汗)
でもお手製のものってそれが味になるんですよね


プラスチックの鉢をスポンと入れるだけで
すっかりナチュラルな雰囲気に変わります


このお手製のかごが食卓にのることもあります
かごにおしゃれなペーパーを敷いて
焼きたてのパンをいっぱい入れます


家族で焼きたてパンのバイキング


また草引きを手伝ってくれた家族とともに
芝生の上でのランチ
かごの中にいろんな具をいれたおにぎりをいれます


田舎っていいなーってこういうときに思います

他の花ブログも見てね♪









×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。