・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●バイカウツギ・・・・?と花器

P11010057.JPG


大好きなバイカウツギと素敵な花器のコラボです


・・・・・ってよーーーーく見てください目




わかったかしら?
バイカウツギは“絵”なんですよ


以前に家庭画法だったか婦人画法だったかで
掛け軸に描かれたお花の前に
まるで生けたように花器を置いた床の間の写真がのっていて
すごくおもしろいなーって思ったんです


そんなずいぶん前の記憶を思い出させてくれたのは
淡路島で催されていた二人展

昨日、焼き物作家宇田賀織絵さん画家矢吹芳寛さんの二人展に出かけてきました



不思議な花の絵と焼き物の花器のコラボ


最終日だったのですが常に人が訪れ
作家さんとの交流で会場はとても暖かい雰囲気につつまれていました


うかがってみると売約済みの作品も多く、
注文をされて作品を待たれているお客様もいらっしゃるとのこと


何を隠そう私もお二人の作品を愛するファンの一人なのです
やわらかい土の感触とフォルム
繊細で空気感のある絵


お二人の魅力が相まって
生まれた上品でゆったりとした“和”の装飾たち


良い時間を過ごさせていただきました


おゆずりいただいた織絵さんの花器には何を生けようかしら?
上の写真とはまた違う花器です
またお花を生けてアップさせていただきますね


矢吹さんの絵も楽しみです
そう、私も順番待ちの一人です
枯れ花シリーズの<フヨウ>
絵はもちろんのこと表具のセンスも人気の秘密です
こちらもまた後日・・・・

矢吹さん急ぎませんからね
織絵さんもコーヒーカップ急ぎませんから・・




























posted by ピオニー at 00:00 | Comment(0) | バイカウツギ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。