・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●こんもりたわわコデマリ開花

ここ数日の雨でコデマリが一気に満開です。
たわわにさいたコデマリでーす。
ホント、《たわわに》って言葉がぴったりです。


コデマリ


こちらのコデマリは5年くらい前に知人の庭からやってきました。
どうしてそうなったのか?若い枝がほとんどなく直径1.5p〜2pくらいになった枝が5・6本直立した状態でした。


お花が咲いたときの状態もこんもりではなく、直立した枝の上の方からだけ垂れ下がって咲いていました。
何かお化けが立ってるみたいで
「これホントにコデマリふらふら?」という感じでした。


理想のこんもりたわわにするためには直立ではいけませんたらーっ(汗)
細い枝が弧を描いて垂れるような、やわらかい感じの枝振りに仕立てるのがコツ。
それで太くなった古くてかたそうな枝を落葉後に根元から切り落とすことから始めました。
大株になって、枝の老化などで花付きが悪くなったり、風通しや日当たりが悪くなったときにも、株の若返りを図るために思い切ってカットするといいですよ。


でもコデマリはその年伸びた若い枝に花芽が付いて開花するのはその翌春なのです。
いっぺんにカットしてしまうと、次の春は花のない寂しい状態になってしまいます。
私は毎年1本づつ古い枝を切って、順番に新しい枝と入れ替わらせていきました。


気長にこんもりたわわを目指して今年で五年目。
ようやく目指していたこんもりたわわを見ることができました。
地際からたくさん枝を出して株全体も大きくなってきました。
うれしいうれしい開花です。

むかっ(怒り)9月には既に植物の体内で花芽が形成されています。
落葉後に若い枝を切るのは翌春に開花する花をすべて切り落とすことになりますので要注意です。
posted by ピオニー at 11:51 | Comment(0) | コデマリ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。