・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょくちょくお土産あります

子供たちは私にちょくちょくお土産を持って返って来てくれます。
学校の帰り道で摘んだお花をしっかりと握り締め、家につく頃にはかわいいお土産はぐったりバッド(下向き矢印)
でもその気持ちがとってもうれしいし、私の喜ぶ顔を見て「やっぱり喜んでくれた揺れるハート!」と子どもの満面の笑みを見るのもまたうれしいハートたち(複数ハート)
だから大げさかと思うくらい喜びます。
「どこに植わってたの?」とか「よくこんなかわいいの見つけたねー。」とかって。
昨日のお土産はこちら。

りえのお土産ピンク

たまに茎がなくてお花だけって時もあります。
そんな時もそれに合う小皿を一緒に選んで水の上に浮かべます。
「素敵ねー。」って一緒に眺めます。
飾る場所も一緒に考えます。
この前、歯医者さんの待合で幼稚園のお迎えの帰りのような親子と一緒になりました。
女の子は手に可愛い小花のついた雑草を持っていました。
うれしそうにお母さんに「これ!」って差し出しました。
お母さんは携帯をピコピコしながら、ちらっと見ただけで
「そんなん持って帰ってこないで!」
「とってくるんだったらもっと長くないと花瓶にも入れられないでしょ!」
で終わり。
私、横で見てて悲しくなりました。
代わりに「素敵ねー。どこでとってきたの?」ってきいてあげたい気持ちでいっぱいでした。
その女の子、もう二度ととってこないと思うよ。
親子の信頼関係ってこんななにげないところで築いていくものだと思います。
わざわざ大金出して旅行に行きました。みたいなことよりずっと大切!・・・と私は思います。
posted by ピオニー at 09:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。